ベイトフィネスでナマズ攻略

釣り攻略法
スポンサーリンク

ナマズゲームというと“比較的ヘビーなタックルで14gを放り、カバーから引きずり出してブッコ抜く”
そんなイメージがあると思います。

しかし、今回はライトなタックルでナマズを釣る“ベイトフィネスナマズゲーム”の魅力を紹介します。

(私はナマズゲームにサビア67ULというメバリングをターゲットとしたロッドを使用します)

【ベイトフィネスナマズゲームの魅力】

〈喰わせの強さ〉
ソフトなティップとライトなプラグの組み合わせを使うことで、ナマズのショートバイトが良く乗るんです。
軽いプラグであるため着水音も抑えられスレ気味のナマズにもプレッシャーを与えることなくアプローチ可能となります。

DSC_1322
(繊細なアプローチでないと釣れないナマズを釣ることができるベイトフィネス)

基本的にナマズ専用プラグはだいたい14gでファットなボディ形状が多いです。多くの検証、経験から生み出された専用プラグは確かに釣れます。すごく釣れます。
しかし、そのサイズ感では喰わない個体が8月前後のナマズゲーム最盛期になると増えてくるわけです。
そんな個体に対してもう一回り小さな5g程度のライトプラグが非常に有効になってきます。
アプローチとルアーの波動をより小さく、繊細にすることでナマズの警戒心が下がりバイトをしてくる可能性も上がるのです。

『最近スレてんなぁ』と感じたら、ベイトフィネスタックルまでタックルパワーを落としてみてはどうでしょうか。

IMG_20200930_193317
(おすすめプラグは“スープラ65PD”)

〈ナマズの引きを充分に楽しめる〉
ナマズは強い引きをする魚ではありません。
そんな魚の引きをフルで楽しむ為にロッドのパワーが低いベイトフィネスモデルが丁度良いのです。
柔らかくしなるロッドで、うねるようなファイトをしてくるナマズをいなすのはとても楽しめます。

(ロッドのブチ曲がるファイト、釣りの醍醐味です)

そしてベイトフィネスは太いラインが巻けるため、ナマズを釣る上でバレに繋がりやすい“ナマズ歯とラインのスレによるラインブレイク”も対策を取ることができます。ラインブレイクに対しては安心したファイトが可能なのも魅力のひとつ。

(ベイトフィネスタックルで60cm級とファイトとなると結構ビビります。これが楽しい)

【まとめ】
今回はベイトフィネスナマズゲームの魅力を紹介しました。
ベイトフィネスでナマズにアプローチすることで
・喰わせやすい
・ファイトを楽しめる
・太いラインのためバレにくい

というメリットがあります。
今後、激戦区やかなりプレッシャーのかかったフィールドでナマズを狙う際や、ナマズの引きを大いに楽しみたい方はベイトフィネスを使った釣りを展開してみてはいかがでしょうか。
今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました