【インプレ】ワールドシャウラ1650FF-2

釣り攻略法
スポンサーリンク

ワールドシャウラ1650FFについてのインプレです。
これまでに釣った魚や、その時に感じたことなどをまとめています。

スポンサーリンク

これまでに釣った主な魚

DSC_2900
(シーバス)

DSC_2735
(メバル)

ロッドの強さ

60cm台のシーバス相手にも問題ない強さ

67cmのシーバスを強引に寄せても “まだいける” 感じがありました。
メバルの20cm程度にはオーバーパワーで、掛けたらゴリ巻きブッコ抜きの釣りになります。

適合ルアーウエイト

7gがベストマッチ
スペックとして表記されているのは3.5g~14g。
実釣で使用した結果、ティップの反発を活かして気持ちよくキャストできる下限は5g~という印象。

3g程度はロッドの撓りを利用できず、快適性はイマイチです。
上限に関してはスペック的には14gのクランクベイトをフルキャスト可能でした。

DSC_2921
(快適ウエイトは表記スペック通りという印象)

大きな特徴

短いグリップ

DSC_2919
(上が1650…グリップ長193㎜、下が1600…グリップ長210㎜。あまり差が無いように見えますが、実際に使うと明らかに取り回しの良さが違う)

短いグリップがこのロッドの特筆すべき特徴です。
メーカーの公式スペックでは193mm。

シングルハンドでブンブン振り回し易いため、サイドハンドやオーバーヘッド、アンダーなどショートキャストを繰り返すスタイルに非常に適しています。
半面、ダブルハンドでのフルキャストはし辛いのが難点という感じ。

その他

ショートグリップ特有の“先重り感”あり

DSC_2865
(唯一の難点は先重り感が少し気になることくらい)

私はスコーピオンBFS(170g弱)と組み合わせていますが、手元への重さが少々足りなく感じます。
ロッドの重さが120gありますので、軽量ベイトフィネスリールとの組み合わせでは先重り感を感じやすくなるかと思います。(自分はあまり気にしません。今後も対策をする気もなし)

まとめ

ワールドシャウラ1650FF-2は

60cm台のシーバス相手にも問題ない強さ

ルアーは7gがベストマッチ

シングルハンドキャストがしやすい短いグリップ 搭載

という特徴を持ったロッドです。

おわりに

このロッドを一言で表すと、“近距離戦巻物用ベイトフィネスロッド”
シングルハンドでテンポよく巻物プラグを撃っていく釣りに非常にマッチします。

ベイトフィネスの巻物をする上で
『バスロッドでは固く、アブやインクスが出しているソルトベイトフィネスロッドでは柔すぎる』
と感じている方に是非ともオススメしたいロッドとなっています。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました