マクベスタイニーでこれまで釣った魚

釣り攻略法
スポンサーリンク

シマノのバスルアー“マクベスタイニー”でこれまで釣り上げた魚とその釣り方を紹介します。

(バス用クランクだけど普通に他魚種も狙えます)

場所は全て河口域です。

〈マクベスタイニーでこれまで釣れた魚〉
【シーバス】

(シーバス相手に充分な戦力となります)

ソルトルアーゲーム人気ターゲットであるシーバスもマクベスタイニーで釣れます。
ただ巻きで充分釣れます。
さらに、追っては来るが口を使わないシーバス相手なら、ボトムや障害物にマクベスタイニーを思いっきり当ててバイトのチャンスを与えるのが効果的です。
水中の様子が見える状況であればクランクとの間合いを詰めてくるエリアを見て、そこでボトムを叩くとバイトを得ることができます。

【キビレ】

(ハマればデイゲームで連発も可能)

各メーカーからもチヌ用クランクが出ていますが、やはりキモとなるのはボトム。
表層、中層ではなかなかバイトをしてこないため、ボトムを攻めると効果的です。
シーバスのようにピンポイントでクランクをボトムや障害物に当てるのも効果的ですが、キビレの場合はボトムズル引きに強い関心を寄せますので、常にボトムを叩き続けながら巻いてくると良いでしょう。

【ウグイ】

(いたら釣れるウグイ)

雨水の流れ込み下や、謎の排水周りなどにたまっていることが多く、着水直後にバイトがあることが多いです。
特にボトムを打ったりすることなく、ルアーを見つけたらとりあえず喰ってくる、という印象です。

【マゴチ】

(シーバス狙いの外道として良く釣れる)

水深50cmもないような超シャローで良く釣れます。
ボトムや、岸壁にピッタリ付いている魚で、なにより擬態するのでなかなかサイトで見つけることは難しいと思います。

(このマゴチが吐いたエビ。まさにマッチザベイトでした。)

マゴチはクランクを底をズル引きするというより、ボトムスレスレを引くと良く反応します。

【カニ】

(威嚇で挟んでくるカニ)

足元にいるやつの前で、マクベスタイニーをちょんちょんしてたら釣れます。

〈おわりに〉
今回はマクベスタイニーでこれまで釣った魚を消化しました。
バス用のクランクベイトですが、充分ソルトのフィールドでも力を発揮することができます。
小さい割に大きな動きをしてアピール力もあるので、しっかりと魚を引き付けるのが魅力です。
釣りのアクセントとしてタックルに1つ入れておくと面白いかと思います。

この記事がマクベスタイニーユーザーはもちろん、ソルトフィールドでクランクベイトを使ってみたい方にとって少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました