ヴェロ 2nd をメガネとして使った感想

その他
スポンサーリンク

釣り用サングラスとして一世を風靡しているヴェロ 2nd。
メガネ屋に置いてあるヴェロを見かけ、メガネとして使えないか店員さんに尋ねたところ『レンズのカーブが緩いこともありメガネとして利用できる』ということで速攻購入。

使用歴も11か月となりましたので、ヴェロ 2nd をメガネとして使用し感じたことを紹介します。

スポンサーリンク

ヴェロ 2nd をメガネとして使った感想

デザイン

スタイリッシュ

釣り用のサングラスということもあり、スポーティさが醸し出されています。

使用感

実際に使ってみて感じた〈良いところ〉〈イマイチなところ〉を紹介します。

良いところ

道具なしでモダンの調整が可能

メガネをフィットさせる部分のモダン。
ここって時間が経つにつれて広がってきてしまうんです。
広がるともちろんフィット感が下がり、メガネ落下の危険性も上がるのです。
そして通常のメガネの多くはモダンの調整をメガネ屋にある特殊器具を使わないと行えません。

しかし、ヴェロに関しては軽い力で調整可能。メガネ屋さんに行く必要がありません。
また、『スポーツ時はモダンをキツめ』『リラックスタイムには緩く』と自分好みのモダン調整ができるのが魅力です。

人と被らない

ヴェロをメガネとして使っている人…普通にいません。

イマイチなところ

耐久性が低い

11か月の使用で鼻パッドとエンブレムに不具合が。

鼻パッドも軽く顔面から壁にぶつかった際に支えている針金部分が折れました。

エンブレムは気付いたら取れて無くなっていました。

こんな人に向いている

スポーツでメガネをかける人
フィット感の高さから、趣味で自転車や卓球などをする人に向いていると思います。

人とメガネが被りたくない人

サングラスフレームをメガネとして使う人はそうそういない、とメガネ屋さんが言っていたのでおそらく被ることは滅多にないでしょう。

まとめ

ヴェロ 2nd をメガネとして使った感想

  • スタイリッシュなデザイン
  • 道具なしでモダンの調整が可能
  • 人と被らない
  • 耐久性は低い

おわりに

ヴェロ 2nd をメガネとして使った感想を紹介しました。
釣り用の偏光サングラス界で絶大な人気を誇るだけあって、フィット感や性能はピカイチです。

メガネとして使ってみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました