ミニマリストの釣り人がもっているルアー全て

釣り攻略法
スポンサーリンク

15年以上釣りをするにあたって、ルアーを所持することで徹底していることがあります。
それは
“ルアーは極力少なめに持つ”

というのもルアーを大量に持つと

『こっちのルアーが良いか、いやこっちか、やっぱこれか』とルアーセレクトに時間と思考力がとられる

ルアーがボックス内でゴチャゴチャになる(フックがからんだり、使いたいルアーを探す手間が増える)

本来の『魚を釣る』という目的から外れたところに労力が必要になってしまう。

(何よりも魚を釣る時間を確保することが大切)

徹底的に無駄を排除して釣りに臨み、『魚を釣る』ことに集中したいというのが私の釣りの根底にあるのです。
そのため
手持ちのルアーはMax12個というルール(というか習慣)
を私に課しております。

今回は私の所持プラグ12個をみなさんに紹介します。
「いやいや、その量じゃ獲れない魚多いやろ」「なんか釣れる機会を損失してない??」
という声が聞こえて来そうですが、この釣りが私にとって現段階の最適解です。「こんな釣りをしてる人もあるねんなぁ」程度で見てくれるとありがたいです。

ミニマリストひたれんの所持プラグ

・レンジ
・スピード
・ベイトの波動

釣りをする際はこの3つを対象魚の好みに合わせることを意識してプラグ選択をしています。

トップウォーター

(トップはサイズを4つに分けています)

ワンズバグ
チヌのランカーサイズ狙いで使用。たまにナマズゲームにも使用しています。

POP X
使用場面はナマズゲーム。シングルフック仕様で使います。

ベビーPOP X
ポッピング、ドッグウォークがし易く万能なポッパー。いろいろ試したけどスモールサイズポッパーでこれが一番しっくりきてます。メインターゲットはチヌ、キビレ。

ベビーグリフォンゼロ
ナマズゲームで足場が高くポッパーが引きづらい状況では、表層系クランクは必須です。

(キビレ相手にはベビーポップXがジャスト)

ミノー

(サイズ感は同じですがフォールスピードが違います。)

ストリームドライブ45CB
繊細に水面下30cm程のレンジを攻めるプラグでメバリングや春先のハクパターンシーバスで酷使しています。

B☆M 45
岸壁に付くロックフィッシュを狙う場面や、シャロー(水深2m以内)のボトム付近でスローリトリーブの釣りで使用。ストリームドライブ45CBよりも沈下速度が速いため、より速く狙うレンジへプラグを届けたい時はコレです。

(ハクパターンにはストリームドライブ)

シャッド

(狙う魚のサイズによってプラグのサイズも使い分けています)

ソウルシャッド52SP
ソウルシャッド45SP

高速巻き用。手早くサーチしたい時や、魚の捕食スイッチが完全に入っている状況で多用します。
メバル狙いは45SPでそれ以外は基本的に52SPという使い分けです。

(シーバスには52㎜が丁度良い)
スポンサーリンク

バイブレーション

(ボトム攻略にはバイブ)

エビコン60S
汎用性が高いため多くのフィールドでつぶしが効きます。

レンジバイブ45ES
キビレのボトムゲームでズル引きに使用。

(エビコンは万能。シーバスの中層~ボトム攻略には欠かせません)

クランクベイト

(広範囲を手早くサーチするにはクランクが効く)

ワーミングクランクショット
水深1m以下でボトムノックするゲームにはコレ。根ガカリ回避能力が抜群に高い信頼しているプラグです。

マクベスタイニー
シャロー帯を手早くサーチする際に威力を発揮。

(ストラクチャーの絡むシャローでクランクに喰ってきたシーバス)
終わりに


今回はミニマリストアングラーの私が所持するプラグすべてを公開しました。

持つプラグを少なくすることで
『こっちのルアーが良いか、いやこっちか、やっぱこれか』とルアーセレクトに時間と思考力がとられる
ルアーがボックス内でゴチャゴチャになる(フックがからんだり、使いたいルアーを探す手間が増える)

という問題を解決し、

『魚を釣る』という本来の目的に集中することができます。

是非みなさんも少ないプラグでタックルを組むことを実践してみてください。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました