シーバスのライトクランキングロッド〈ポイズンアドレナ166ML-G〉

釣り攻略法
スポンサーリンク

私のシーバスゲームで軸となっているのが“ライトクランキング”。
5g前後のクランクベイトを使ってシーバスを狙う釣り方です。

近距離にいるシーバスを釣るために試行錯誤して、ついに見つけた攻略法です。(詳しい攻略法については別の記事で述べるので割愛します)

今回はそのライトクランキングに私が使用しているロッドである“ポイズンアドレナ166ML-G”を紹介いたしますので、参考までにご覧ください。

「キャスト」「ルアーの動き」「感度」「バイトに関して」「ファイト」の5観点を星の5段階評価で紹介します。
※使用感は5g前後のクランクベイトを使用してのものです。

【ポイズンアドレナ166ML-Gでシーバスライトクランキング】

〈キャスト〉
★★★☆☆

鋭くクランクが飛ぶ
表記されている適合ルアーウエイト下限の5g程度でも鋭くキャストが可能です。
ロッド自体の軽さも相まってスイングスピードを速くできるため、風が吹いている状態であっても高い速度でクランクを狙った所へ送り込めます。

余談ですが、14gのクランクを試しに投げてみたらよりキャストが快適でした。フルでこのロッドのキャストポテンシャルを発揮できるのは10g前後のクランクかもしれません。

(空気抵抗の強いクランクでも速度を出せる)

〈ルアーの動き〉
★★★★★
最高
グラスコンポジットなだけあって素晴らしい動きをします。
しっかりと足元まで動くため、回収直前までバイトのチャンスを得ることができます。

(クランクが持つ本来のポテンシャルを発揮)

〈感度〉
★★★★★
非常に高い
張りのあるブランクスであるため感度は非常に良いです。
シマノ社の最新技術であるフルカーボンモノコックグリップの効果なのかは分かりませんが、ボトムにタッチした際の情報量はとても多いです。

(ボトムの質、沈んでいるもの、ウィードが絡んだことがわかりやすい)

〈バイトに関して〉
★★★★☆
弾きにくい
グラスコンポジットでMLパワーということもあり、バキュームティップ的構造でバイトがノリやすい。
これまで使って『あーバイト弾いたなぁ』という感覚はあまり感じていません。

(クランクを丸のみにされることも)

〈ファイト〉
★★★★☆
60cmシーバス相手にも問題なし
40~60cmのシーバスを何本も上げる中でピンチを感じたことはありません。基本的に主導権をコチラが握ってファイトすることができています。
逆にロッドのパワーがあることで、小型の魚相手には引きが物足りなく感じることはあります。

シーバスが急に走ったりしてもロッドが追従するため、見切れやラインブレイクする心配もありません。
張りを感じるものの、しっかり曲がる、という不思議なロッドです、(シマノ社の技術の高さ恐るべし…)

(大物とも充分に渡り合えるパワーがある)

【まとめ】
シーバスのライトクランキングロッドとして“ポイズンアドレナ166ML-G”は
鋭くクランクが飛ぶ
クランクの動きが最高
感度が非常に高い
バイトを弾きにくい
60cmシーバス相手にも問題なし

という特徴を持っています

【おわりに】
今回はシーバスのライトクランキングロッドとして私が使用している“ポイズンアドレナ166ML-G”を紹介しました。
シーバスクランキングに興味のある方や、ポイズンアドレナ166ML-Gを購入検討されている方などに少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました