スープラ65PDのインプレ

釣り攻略法
スポンサーリンク

インクスレーベルから販売されているサーフェスプラグ “スープラ65PD” を実際に使用して感じた使用感や組み合わせタックル、評価をレビューします。

このスープラ、これまで1年以上使用してきて強く感じているのが
『操作して喰わせる完全マニュアル式プラグ』だということ。

ただ何とくなくただ巻きをしたり、トゥイッチを入れても釣れるプラグではありますが、
時間をかけて小技を覚えていくことで、爆発的に釣果が伸びます。
奥の深いプラグです。
その小技ですが、開発者様が動画で解説をしてくれています。参考にされてください。

【外観】
何とも言えない斬新な形状
特徴は何と言ってもリアのペラ
シャーッっと軽快なサウンドを生み出してくれます。

カッコいい!とは正直ならない形ではあるものの、『職人が釣果を追い求めた結果生まれた形』なんだろうなぁ、と個人的には思います。

(シングルフックチューンにして使うことも多いです)

【使用場面】
ナマズゲーム

(奥まで飲み込まれることなく丁度良いサイズ感)

【巻き心地・アクション】
水をかんでいる抵抗感はあまり無し
柔らかいティップを搭載したロッドでないと巻き抵抗は感じ取れません。

(ソフトティップなロッドが相性抜群)

トゥイッチを入れるとお辞儀をするように水中へダイブ
これが喰わせの間になったり、低活性の魚へのアピールとなりバイトを誘発するアクションです。
トゥイッチを入れ 、ロッドを伏せた状態にして巻くと、水面直下を進行でき、トップに出きらない魚のバイトも得ることができます。

(“ちょい沈む”これができるとできないでは大違い)

ただ巻きではリアのペラがシャーッっと軽快なサウンドを鳴らしながら水を拡散
ベタ凪の水面であれば大きな波紋を生み出し、絶大なアピールを発揮します。

(ノイジーの波動やポップ音では強すぎる場面にはペラが有効)

【飛距離】
スリムな形状で飛行姿勢が安定
このサイズ感のプラグとしては平均的な飛距離といえます。
ペラが付くと空気抵抗が大きくなるため、基本的には飛距離が落ちますが、スープラの場合は絶妙なサイズセッティングでペラによる飛距離低下は最小限に抑えられている印象です。

(安定した飛行姿勢だとライントラブルも起こりづらく安心)


【組み合わせタックル】
おすすめはベイトフィネスタックル
ロッド:サビア67UL
リール:ベイトフィネスリール
ライン:フロロ8LB

操作して喰わせるプラグなので、操作性の高さを重視したロッドティップが繊細なものとの組み合わせが良いと考えます。

(ベイトフィネスや巻物系ロッドが◎)

【まとめ】
スープラ65PDは
・ 斬新なで職人感が漂うデザイン
・ナマズゲームでも大活躍
・小技を駆使することで真価を発揮
・ スリムな形状で飛行姿勢が安定
・ティップの柔らかいロッドが相性抜群


という特徴を持つ『操作して喰わせる完全マニュアル式プラグ』です。

5つ星評価は
★★★★☆

使用感に関しては満点ですが…
強いて言うならデザインがもっとカッコ良ければ…

【おわりに】
スープラ65PDは小技が多いという点からも使えば使うほど発見のある非常に面白味のあるプラグです。
もし『スープラ65PDの購入を迷っている方』や『いつもの釣りに飽きている方』がいらっしゃれば、このスープラ、とてもオススメです。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました