シーバスゲーム クランクベイト攻略

釣り攻略法
スポンサーリンク

クランクベイトというとソルトゲームではあまり使用されておらず、バス用プラグといった印象が強いかと思います。確かに飛距離が伸びづらく広大なソルトフィールドでは多少難ありなプラグといえます。
しかし、そんなクランクベイトも使い方によっては超有効的に、効率よくシーバスを手にすることのできるスーパープラグと化すのです。
今回はそんなクランクベイトのシーバスゲームにおける使用法を解説します。

(クランクベイトはシーバス相手にも充分通用します)


シーバスゲームにおけるクランクベイト攻略
【クランクベイトの有効場面】
ストラクチャー周り
クランクベイトの持つ最強能力というと“根ガカリ回避能力”
ミノーやバイブではルアーロストを恐れて引きづらい場面であってもクランクベイトはストラクチャーを舐めるようにタイトに攻めることができるのです。

(ミノーやバイブといった王道ルアーでは攻めあぐねる場所でクランクは本領発揮)

【シーバスに効くクランク操作】
ストラクチャーに当ててストップ
クランクベイトの喰わせのキモはズバリ“モノに当てる”こと。
やる気のある個体はクランクが目の前を通った瞬間にバイトをしてくるのでただ巻きで釣れます。
しかしスレ気味だったりイマイチ活性の高くない個体は喰わせるキッカケを与えなければなりません。
そのキッカケが“モノに当てる”ことなのです。モノに当たりバランスを崩したクランクには相当な魅力があるようで、バイトが頻発します。
・ストラクチャーを目掛けてクランクを通しモノに当たったらストップ
・オープンウォーターでは何かに当たった感じがしたらストップ

この2つがクランクベイトでシーバスを狙う上で有効となる操作となります。

(モノに当てる。勇気がいりますが、当てれば釣れる確率が格段に上がります。)

【おすすめクランクベイト】
マクベスタイニー
潜行深度は60cm程度でシャロー帯を攻めるのに適しています。
スロー、速巻きどちらでもバランスを崩しにくくアクションをしてくれることに加え根ガカリ回避能力も高い、汎用性の高さが魅力的です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 298809-1024x576.jpg
(シャロー帯攻略にはマクベスタイニー)

ワーミングクランクショット
潜行深度は1m程。
根ガカリ回避能力が超高く、ストラクチャーの上を舐めるように攻めるられる性能がウリです。

(ストラクチャー周りをタイトに攻めるならワーミングクランクショット)

【まとめ】
シーバスゲームにおけるクランクベイト攻略 の重要事項

・有効場面はストラクチャー周り
・ ストラクチャーに当ててストップ で喰わせる
・マクベスタイニー、ワーミングクランクショットが実績あり


【おわりに】
今回はシーバスゲームにおけるクランクベイト攻略法を紹介しました。
ソルトでクランクベイトはマイナーな部類ではありますが、だからこそ他の人が攻略できないような状況を打破することもできます。
是非、クランクベイトでシーバスゲームにチャレンジしてみてください。必ず新たな発見、楽しさを実感できます。
今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました